メイン写真

HOME > スタッフブログ > 葬式でグレーのスーツはマナー違反?家族葬での服装マナー

スタッフブログ

葬式でグレーのスーツはマナー違反?家族葬での服装マナー

投稿日:2018年6月29日
マナーやご作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの大崎です。

 

急な葬式に参列することになったけれど、喪服がない……そんな時に仕事で着ている黒やグレーのスーツで参列することは可能なのでしょうか?

 

今回は葬式での服装マナーについてのお話。

葬儀で着るべきスーツ(ブラックスーツ)とは?
仕事で着ている黒やグレーのスーツを着用して葬儀に参列しても良いシーンはあるの?

今さら聞けないそんな疑問についてこっそりお教えします。

グレーのスーツを着た悩む女性

 

葬儀では黒くてもビジネススーツはNG!

急な葬儀に参列することになった際、「あれ、喪服(ブラックフォーマル)どこにしまったっけ……」なんて焦った経験がある方も多いのではないでしょうか。

「仕事で着ているビジネススーツも黒だし、このビジネススーツを着て行ってもいいのだろうか?」

答えは『NO』です。

 

葬儀に着ていくブラックスーツ(ブラックフォーマル)とは略式礼服(喪服)のことです。

黒いビジネススーツはあくまでスーツであって礼服ではありません。

それにブラックフォーマルと黒いビジネススーツでは、同じ黒いスーツと思っていても、横に並ぶとその違いがはっきりわかります。

ブラックフォーマルの方が生地の光沢や目地がしっかりとしていて上品で、深く落ち着いた黒色です。

自宅で着てみた時は「大丈夫かな」と思っても、葬儀会場で喪服を着た人の中に混ざると一人だけ浮いているのがはっきりと分かってしまいます。

 

葬儀ではお悔やみの気持ちをきちんと表すためにも、正しいマナーに則った服装が必要です。

 

葬式でグレーや黒のスーツが許される場面は?

葬儀に先立って行われる通夜に関しては、一般会葬者の場合は必ずしも喪服でなくてはいけないというわけではありません。

「突然の訃報に、喪服の準備をする暇もなく駆け付けた」という意味合いで、平服での参列でも良いとされています。

その際には黒やグレー、濃紺のスーツなど、無地で地味な色の服装を心がけましょう。

スーツの中には無地の白いカッターシャツ、ネクタイも柄の入っていない地味な色のものを選んでください。

平服と言っても「普段着」という意味ではありませんで、派手な色や明るい色、柄物、カジュアルなデザインの服装は避けてください。

 

昔は通夜に喪服を着ていくことは、逆に「葬儀の準備をして死ぬのを待っていたかのようだ」と言われることもありました。

現在では喪服、平服どちらを着用しても問題ありません。

 

ただし遺族や親族の立場での参列の場合は、通夜でも喪服着用となります。

 

家族葬では遺族や親族、ごく親しかった方々が中心の葬儀となりますし、基本的には遺族から連絡を受けた方達のみの参列となりますので、通夜でも喪服を着用されている方がほとんどです。

 

家族葬でのカバンやアクセサリーは?

葬式用の黒いバッグ

家族葬でのアクセサリーやカバン、靴下などの小物は通常の葬儀と同じ考え方です。

 

【男性】

・靴下やネクタイは黒です。手持ちがない場合や会社などから直行する場合、コンビニなどでも購入できます。いざと言うときのために会社のロッカーに一組おいておいても良いかもしれません。

・派手な腕時計、ネクタイピンやカフスなどの装飾品類は外します。

 

【女性】

・黒いストッキングを着用しましょう。肌色ストッキングや素足、カジュアルな印象になる厚手のタイツはマナー違反です。

・アクセサリー類は、結婚指輪とパールの一連ネックレス以外は外しましょう。

・派手な色のネイルカラーもNGです。急にカラーを落とすのが難しい場合は上からベージュの目立たない色を塗るか手袋をはめるという方法もあります。

 

【男女共通】

・カバンや靴などは、華美・カジュアルなデザイン、エナメルなどの光沢のある素材、革や毛皮など殺生を連想する素材の物は避けましょう。

 

家族葬の服装マナーについてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

家族葬の服装は一般葬儀と違う?基本の服装マナーを押さえよう

家族葬に着ていくスーツはどれ?スーツの違いとケースによる違い

 

まとめ

・葬式で着用するブラックスーツ(ブラックフォーマル)とは喪服のことで、通常のビジネススーツとは違います。同じ黒いスーツだと思っていた方は要注意!喪服のブラックスーツと黒いビジネススーツを比べると黒の深さや生地の質感が全く違います。

・通夜に関しては遺族・親族以外の立場での参列は地味な平服でも良いとされています。その際は黒やグレー、濃紺などの地味な色のスーツを着用しても問題ありません。ただし遺族や親族は通夜でも喪服着用がマナーです。

・家族葬での服装以外の小物については一般の葬儀マナーと同じです。ネクタイ、靴下、ストッキングなどは黒いものを選び、華美・カジュアルになるような装いは避けましょう。毛皮や革など殺生を連想してしまう素材もNGです。

 

家族葬を検討している方はウィズハウスへぜひご相談ください。

故人としっかり向き合い、親しい人と想いを分かち合う、おうちのようなお見送りをご提案いたします。

 

 

大崎 美智

故人様とのお別れの時間を大切にいたします。