メイン写真

HOME > スタッフブログ > 家族葬の服装は一般葬儀と違う?基本の服装マナーを押さえよう

スタッフブログ

家族葬の服装は一般葬儀と違う?基本の服装マナーを押さえよう

投稿日:2017年6月26日
マナーやご作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの吉川です。

家族葬に参列する場合、服装はどうしたらいいのでしょうか?
家族葬だからってカジュアルなスタイルで参加して良いわけではありせん。
今回は家族葬での服装マナーについてご説明します。

kazokusou-mofuku

家族葬の服装マナーは一般葬と同じです!

家族葬は家族や親族など、故人が生前に親しくしていた人達のみで見送るお葬式です。
決して「簡易なお葬式」という事ではありません。
ですので、服装のマナーも基本的には一般葬と同じと考えてよいでしょう。

男性の服装

基本はブラックフォーマル(喪服)です。
黒いスーツに白シャツ、黒のネクタイ、黒い靴下。
靴も光沢のない黒のものを選び、ローファーは避けましょう。
カフスボタンやネクタイピンはつけません。

気を付けたいのは、黒いビジネススーツはブラックフォーマルではないという事。
同じ黒いスーツでもビジネススーツと礼服では生地や色味が違いますので、礼服用のスーツを身に着けるようにしましょう。

女性の服装

女性も同様にブラックフォーマル(喪服)を着用します。
黒無地のワンピース、アンサンブル、スーツなどで、肌の露出が少ないものを選びましょう。
中にブラウスを着る場合は透ける素材やフリルが付いているものは避けます。
黒のストッキングと光沢のない黒のパンプスを履きましょう。
ミュールやサンダル、スエード素材などはカジュアルな印象になってしまうのでNGです。
結婚指輪や真珠の一連ネックレス程度のアクセサリーはOKですが、それ以外は外した方が無難です。
派手なネイルもお葬式にはそぐわないので落としていくようにしましょう。

和装の場合は染め抜き五つ紋付きの黒無地になります。
これは女性の正式喪服になります。

 

持ち物や小物は華美にならないように注意

kazokusou-soshiki

ハンカチは白か地味な色のものを持ちましょう。
刺繍やレースも控えめなものならOKです。
男性も白か黒の無地のハンカチを用意しておくと良いですね。
荷物が多い場合はバッグが必要になりますが、バッグも光沢や柄、派手な金具などがついていない黒いバッグを選びましょう。
殺生を連想させる革製品や毛皮、カジュアルに見えてしまうショルダーバッグなども避けた方が良いです。

また仏式のお葬式の場合は男女ともに数珠が必要となります。
数珠は宗派によって色や形が異なるので、宗派に合ったものを用意しましょう。
友人や家族間で貸し借りはせず、自分のものを持つようにしましょう。

家族葬での、家族以外の参列者の服装は?

家族葬といっても、ごく親しかった友人も参列する場合があります。
その場合は身内と同じくブラックフォーマルを着用するのが一般的です。
しかし急なお通夜などは「急いで駆け付けた」という意味合いで、礼服ではなく地味な平服やダークスーツなどで参列する場合もあります。
親族の方より格上の装いにならないよう、略式以下の服装で参加しましょう。