メイン写真

スタッフブログ

家族葬で弔電や香典を辞退するとき、失礼にならないポイントとは

投稿日:2017年10月31日
マナーやご作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの大崎です。

家族葬では香典や弔電、供花・供物を辞退することがあります。

今回は遺族の立場での香典弔電の辞退の伝え方、失礼にならずに伝えるポイントやマナーなどについてご説明します。

 

香典、弔電の意味合いとは

image001_20171004

弔電や香典は、故人や遺族に対するお悔やみの気持ちを表すものです。

さらに香典には、急な訃報・葬儀に対する金銭的な援助の意味もあります。
お葬式は何かとお金がかかるもので、急な訃報ならなおさらありがたいものです。
香典は急な出費に対する助け合いの精神から生まれた風習と言えます。

家族葬では香典や弔電の辞退をする場合がありますが、香典や弔電は弔問客からの弔意の表れだということを理解した上で、辞退するかどうか決めることが大切です。

また、家族葬とはいえ葬儀への参加人数が多い場合は、一般葬とそう変わらない葬儀費用が発生する場合があります。
その場合に香典辞退をしていると、香典収入が少なく葬儀費用の自己負担も大きくなる可能性があることにも注意が必要です。

 

香典辞退、弔電辞退を参列者にしっかり伝える方法

家族葬で香典や弔電を辞退すると決めた場合は、葬儀の参列者へその旨を事前にしっかりと伝えるようにしましょう。
曖昧な伝え方だと、香典を用意してよいのかどうかわからず参列する方が困ってしまいます。

伝え方には次のような方法があります。

 

訃報連絡、葬儀の参列願いの際に伝える

家族葬では、葬儀に来ていただく人には電話などで直接連絡をして葬儀への参列をお願いしますので、その際に必ず香典辞退・弔電辞退の旨を伝えるようにしましょう。
「誠に勝手ながら、故人の遺志により香典、弔電の一切は辞退させていただきます」と、明確にお伝えするのがポイントです。

葬儀当日の受付でも再度伝える

葬儀当日の受付に「香典は辞退しております」との旨の看板を設置し、受付の際にも直接言葉でお伝えしましょう。

単に辞退の旨を伝えるだけではなく、香典を持参してくれた方へ失礼のないよう、感謝の気持ちを一緒にお伝えすることが大切です。

 

辞退と伝えたうえで持参された場合の対応

香典辞退をお伝えしていても、香典を持ってきてくださる方はいらっしゃいます。
「こちらの葬儀の際には香典をいただいているし、どうしても受け取ってほしい」とおっしゃる方も少なからずいらっしゃると思います。

香典辞退とは言っても、あまりにも頑なに拒むのはかえって失礼です。
一度お断りをした上で「それでも渡したい!」と言われた場合はありがたく受け取りましょう。

その場合は香典返しも忘れずにお渡しするようにしましょう。
香典返しについて詳しく知りたい方は「家族葬での香典返しについてマナーやタイミングを解説」の記事もあわせてご覧ください。

 

ウィズハウスの家族葬では香典辞退は少数です

image002_20171004

ウィズハウスの家族葬の事例では、香典辞退の葬儀は意外と少数です。
実は私たちも香典の辞退はあまりお勧めをしておりません。

前段にもある通り、香典辞退とお伝えしていても「それでも渡したい」と言われれば結局受け取ることになります。
相手によって「受け取る」「断る」と対応が変わってしまうことになり、困っている喪主様や遺族の方を何度も見ております。

芸能人や著名人の密葬の後に行う「偲ぶ会」などでの香典辞退はよくあることですが、一般的な家族葬の場合は完全に遺族のみの場合などを除いて、香典を全て辞退するというのはあまりお勧めしておりません

葬儀後、自宅へ弔問に来ていただいた際の香典についても同じです。
わざわざ香典を準備していただき、自宅まで足を運んでお参りをしてくださった方に対して香典をお断りするのはかえって失礼にあたります。

香典や弔電などのお気持ちはありがたく受け取り、後日香典返しやお礼のお手紙を送るなどの対応が良いと思いますので、ご不明な点等ありましたらぜひご相談ください。

 

まとめ

・香典は故人や遺族に対する弔意の表れと、急な葬儀(出費)に対する金銭的な援助の意味があります。香典を辞退する際にはそういった心遣いに対して失礼にならないかよく検討しましょう。

・弔電や香典を辞退する場合は、その旨を事前に明確にお伝えしましょう。曖昧な伝え方だと相手を困らせることになります。その際は、心遣いに対する感謝の気持ちを一緒に伝えることを忘れないようにしましょう。

・香典の辞退をお伝えした上でもなお「渡したい」と言ってくださる場合、頑なに断るのはかえって失礼です。その場合はありがたく受け取り、香典返しもお渡しするようにしましょう。

・ウィズハウスの家族葬では香典の辞退は少数派です。相手によって対応が変わってしまう可能性があるので、香典の辞退はあまりお勧めしておりません。

ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント

パンフレットでは以下の内容を詳しくご紹介しています。

豊富な資料 豊富な資料