メイン写真

スタッフブログ

家族葬の報告を後日行う場合・された場合のオススメの対応

投稿日:2017年9月15日
家族葬の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image001

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの大崎です。

葬儀を遺族や親戚のみの家族葬で行った後、故人とお付き合いのあった方々へはどのようにお伝えしたらよいのでしょうか?

また、家族葬の連絡を事後にいただいた場合、ご自宅へ弔問に伺ったり香典をお渡ししてもよいものなのでしょうか?

今回は家族の報告を後日行う場合、後日連絡をもらった場合について。

遺族側、友人側それぞれの立場からご説明します。

 

家族葬が後日の連絡になることが多い理由と理想の対応とは

家族葬とは遺族や親戚など、ごく親しかった人たちのみで執り行う葬儀の形です。

家族・親戚以外には、故人とごく近しく参列を希望する方のみ事前連絡をし、ご供養したうえでご家族の気持ちが落ち着いた段階で関係者などにご挨拶をする、というのが大きな流れになります。

これらをふまえると参列のお願いを受けていない、知人などの一般会葬者には参列を辞退してもらうことになります。

家族葬は新しい葬儀の形で、家族葬のマナーや形式を知らないという方もいらっしゃいます。

遺族は家族葬のつもりでも、周囲に訃報や葬儀の情報が伝われば、葬儀への参列を希望される方も出てくるのはごく自然なことです。

お悔やみの気持ちを無駄にすることなく、参列をお断りするためにも知人や近隣の方、職場関係者などには

「誠に恐縮ですが、故人の遺志(もしくは家族の意向)によりお香典・ご弔問はご辞退させていただきます。どうかお気遣いなさらないようよろしくお願いいたします。」

と、はっきりとお知らせするのをお勧めします。

親戚の参列もお断りするごく小規模の家族葬の場合も、親戚へは家族葬を行う旨とその理由を必ず連絡しましょう。

 

【遺族側】家族葬が後日の連絡報告になることについて

image002

先ほどご紹介した通り、家族葬では事後に訃報と葬儀終了のご連絡をすることが多くなります。

故人が親しかった友人などへは葬儀終了後に挨拶状を送ってはいかがでしょうか。

挨拶状へは葬儀を家族葬にて執り行った報告と、すぐに知らせなかったお詫びを入れるようにしましょう。

■家族葬事後報告の挨拶状例文

父〇〇 かねてより入院療養中でございましたが

去る●月●日 ●●歳にて永眠いたしました

故人が生前賜りましたご厚誼に対し

遺族一同こころよりお礼申し上げます

葬儀につきましては 故人の遺志により

●月●日に近親者のみで執り行いました

ご連絡を差し上げませんでしたご無礼を

何とぞお許しください

略儀ながら謹んでご通知申し上げます

平成●年●月●日 〇〇〇〇(喪主名)

挨拶状では拝啓・謹啓といった語頭や時候の挨拶、句読点は使いません。
また、北海道では新聞で無料のお悔やみ欄で葬儀終了や有料の死亡広告があります。
年賀状の準備前に喪中はがきでの事後報告の形もあります。

 

【友人側】後日、家族葬の連絡をもらった時の弔問や香典のマナー

家族葬ですでに葬儀が済んでいるご連絡を受けた場合、後日香典のお渡しや自宅弔問を希望する方は多いです。
その際、遺族へはどのような配慮をする必要があるでしょうか。

葬儀終了直後は遺族の方はまだお忙しく、心身共にとても疲れています。
弔問に伺う際には、必ず事前に遺族の方の都合を確認してから行きましょう。
その際に供物やお花の持参に関しても、お渡ししても大丈夫か訊ねておくと良いですね。

ご遺族に事前確認ができない場合は、故人が好きだった供物や負担にならない仏花などが良いでしょう。

自分にとっては1度の弔問でも、遺族にとっては葬儀後に同じような弔問客が何人も訪れることになります。
遺族の心身の負担を考えて、長居はせずに短時間でおいとまするのがマナーです。

 

まとめ

・家族葬は近親者のみで葬儀を執り行うもので、参列希望者には事前連絡を行い、故人の友人知人へは後日お知らせするという流れが多い。

・知人や仕事関係者などへは「家族葬のため、参列を遠慮してほしい」と明確に伝えた方が良い。

・家族葬の事後報告には、家族葬で葬儀を行ったこと、すぐに伝えなかったお詫びの言葉を盛り込む。北海道では新聞での無料のお悔やみ欄、有料の死亡広告や喪中はがきでの事後報告の形もある。

・家族葬の事後報告後には、遺族宅へ弔問客が訪れることがある。弔問する側は遺族への負担に配慮し、事前に日時を確認してから伺うこと。供物や仏花をお渡しする場合もその時に一緒に確認してから持っていくと良い。

大崎 美智

故人様とのお別れの時間を大切にいたします。


ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント

パンフレットでは以下の内容を詳しくご紹介しています。

豊富な資料 豊富な資料