メイン写真

HOME > スタッフブログ > 戒名がなくても葬式はできる?戒名の意味や俗名との違い

スタッフブログ

戒名がなくても葬式はできる?戒名の意味や俗名との違い

投稿日:2018年1月22日
喪主・関係者の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの大崎です。

人が亡くなった後に付けられる「戒名」。
この戒名の意味や役割はご存知ですか?

今回は葬儀における戒名についてのお話です。
最近は戒名を付けないで葬儀を行う方もいらっしゃいますが、戒名が必ず必要になる場合もありますのでご注意ください。

image001_20180104

 

 

戒名と俗名の違いとは

戒名と俗名にはそれぞれ次のような意味があります。

 

戒名とは

「戒名」とは、仏教徒になった証として檀家になっているお寺から死後にもらう名前です。
(宗派によっては「法名」とも呼びます。)
宗派ごとにルールがあり、故人の社会的地位やお寺との関係によっても変わってきます。

昔の習わしでは生前に修業をすることで仏様の弟子として認められた証として与えられるもので本来は生前に頂くべきですが、現在では亡くなった後にもらうことが一般的となってしまっています。

 

俗名とは

生前に名乗っていた本名の事です。

仏教以外の宗教や、無宗教形式の葬儀では戒名は必要なく、最近では戒名を付けずに俗名のままでの葬儀も見受けられます。
戒名がない場合は位牌や墓石にも俗名を彫ります。

 

 

どうして戒名が必要なの?必ず付けなくてはいけないの?

image002_20180104

戒名は仏様の弟子として認められた証です。
戒名をもらうことによって、死後に故人の魂は仏様のもと(=極楽浄土)へ行くことができるのです。
そのため、お寺から僧侶を呼び、仏式の葬儀を行うのであれば戒名を付けることがほとんどです。

しかし、戒名がなければ絶対に葬儀が行えないということではありません。
最近では戒名をもらわずに俗名のまま葬儀や納骨を行う方もいらっしゃいます。
どちらにしても菩提寺との相談が必要でしょう。

どんな場合に戒名が必要で、どのような場合に戒名を付けないことがあるのか、下記でご紹介します。

 

お寺の納骨堂やお墓に納骨したい場合はほぼ必ず戒名が必要

お寺の納骨堂やお墓に納骨をしたい場合は、仏教徒の証である戒名がほぼ必ず必要となります。
俗名のままでは納骨を断られることがほとんどでしょう。

この時気を付けたいのは、「納骨するお寺の住職に戒名を付けてもらう」こと。
別のお寺で戒名をもらっていた場合、他のお寺への納骨を断られたり納骨先の住職から戒名を付け直したりしてもらわなくてはいけないことがあります。

例えば、先祖代々お付き合いしている菩提寺が遠方だからと言って、近くの別のお寺に戒名をお願いしてしまうと、菩提寺へ納骨ができなくなってしまう場合があります。
このような場合もご自分で判断することは避けて菩提寺へ相談しましょう。

生前に戒名をいただいていない場合は、枕経の際に僧侶から人柄などの話の後、故人にあった戒名はすぐにいただくことができます。
菩提寺が遠方にある方は、必ず菩提寺へ一度相談するようにしましょう。

 

仏教ではない場合、お寺へ納骨しない場合は戒名がなくても良い

戒名は仏教の習わしなので、キリスト教や神道を信仰している方、無宗教の方には必要ありません。
(神道の葬儀では「諡(おくりな)」が付けられます。)

また仏式のお葬式を行う場合でも、菩提寺がなくお寺の納骨堂やお墓へは納骨しないという方も戒名は必須ではありません。

お寺から戒名をもらうには「戒名料」をお渡しする必要があります。
近年ではこの戒名の制度に疑問を持つ方や、金銭的な問題から戒名を付けずに俗名のまま葬儀を行う方もいらっしゃいます。

戒名を付けなかった場合、お寺の納骨堂やお墓には入れないことがほとんどですので、公営や民間の納骨堂・墓地に入ることになります。

 

 

戒名は自分でつけてもいいの?

戒名制度、戒名料への不満や疑問、自分達らしい葬儀の形を模索する中で、ごく稀にですが「生前に自分で戒名をつけたい」と希望される方がいらっしゃいます。

インターネットや本などでも自分で生前戒名を付けるための情報もあり、実際にご自分で戒名を付ける方もいるようです。

 

しかし、やはりここでも気を付けたいのはお寺との関係です。

前述の通り、戒名とは仏教徒の証としてお寺の住職からもらうもの。
(戒名には意味やルールがあり使えない漢字もあります)
ご自分で戒名を付けた場合は、納骨を受け入れてくれないお寺がほとんどでしょう。

全くの無宗教であれば問題ありませんが(その場合は戒名も必要性もありませんが)、宗教家を呼んで宗教儀礼をおこなうのであれば、その宗教に対しても礼を尽くし、最低限のルールには則った形で行うことをお勧めします。

 

 

まとめ

・戒名(法名)とは仏教徒の証として死後にもらう名前。俗名は生前使っていた本名のこと。

・葬儀後にお寺の納骨堂やお墓に埋葬したい場合は戒名が必要となります。戒名は菩提寺や納骨するお寺の住職に付けてもらいましょう。

・仏教以外の方、葬儀後にお寺の納骨堂やお墓に入らない方はの戒名は必須ではありません。また、最近では生前に自分で戒名を付ける方もいらっしゃいますが、葬儀を寺院に依頼するのであればあまりお勧めはできません。

大崎 美智

故人様とのお別れの時間を大切にいたします。