葬儀の知識喪主・関係者の知識

投稿日:2023年6月20日

更新日:2023年6月20日

旭川市で葬儀費用を安く抑える方法を解説【葬儀屋の選び方も紹介】

「旭川市で葬儀費用を安く抑える方法はある?」
「葬儀費用が安くて質のいい葬儀屋を知りたい」

このように悩んでいませんか。

ご葬儀は、こだわれば数百万以上の出費が必要となる大きな行事です。

なるべく費用をかけず、かつ丁寧に故人様をお見送りしたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、旭川市内で、質を落とさずに手頃な値段でご葬儀を執り行う方法を解説します。

葬儀屋やご葬儀形態を決めようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

家族葬ホールの祭壇

北海道旭川市におけるご葬儀費用の平均金額

そもそも、ご葬儀にはいくらの予算が必要なのでしょうか。全国平均と北海道の平均は、以下のとおりです。

・全国平均…110万円
・北海道の平均…92万円

全国と比較して、北海道のほうが少しだけ平均金額が低いです。理由の一つとして、香典返しにおける「半返し」の文化がないなど地域性が関係していると考えられます。

平均92万円の内訳はどのようになっているのか、費用の詳細についてみていきましょう。

参照:第5回お葬式に関する全国調査(2022年)

ご葬儀費用の内訳

ご葬儀に必要な費用の内訳は以下のとおりです。

・基本料金…53万円
・変動費…39万円

変動費とは、会葬御礼(当日返し)・お料理代・貸布団代・宿泊代・ドライアイス代などです。ご葬儀の形態によって変動費には幅があります。基本料金+変動費で一番高額なのは、一般葬の100万円〜120万円です。

また、上記の費用とは別に、僧侶へお渡しするお布施として平均30万円の出費が発生します。

このように、ご葬儀の費用は手軽に捻出できる金額ではありません。「丁寧にご葬儀をとり行ってあげたいけれど、予算が厳しい」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

ここからは、北海道旭川市において、ご葬儀の費用を安くするための方法を解説します。

参照:第5回お葬式に関する全国調査(2022年)

 

費用を抑えられるご葬儀の種類

ご葬儀費用は、執り行う形式によって大きく変動します。比較的費用が抑えられるご葬儀の種類は以下のとおりです。

・家族葬|身内のみでこぢんまりと執り行える
・一日葬|一日に集約して費用負担を軽くする
・火葬式(直葬)|費用を最低限に抑える

なぜ上記の形式だと費用が抑えられるのか、各ご葬儀の内容について解説します。

家族葬|身内のみでこぢんまりと執り行える

家族葬とは、ごく親しい身内のみで執り行うご葬儀です。仲の良かった友人などを呼ぶ場合もあります。日程は一般葬と変わりありません。故人様と交流の深かった方々だけで、こぢんまりと最後のお別れができます。

必要な費用の名目は一般葬と変わりありませんが、参列者が少なく返礼品や食事にかかる費用が抑えられるため、総額は低くなる傾向です。

近年主流の形態であり、一般葬よりも費用を抑えつつ親しくしていた方々と丁寧にお別れをしたいと考えている方におすすめです。

ただし参列人数によっては、一般葬よりもいただく香典の総額が少なくなる場合があるため、喪主や施主の費用負担が大きくなる可能性もあります。

一日葬|一日に集約して費用負担を軽くする

一日葬とは、通常2日かける内容を1日で行うご葬儀の形式です。一日葬の場合、お通夜はせずに葬儀式、告別式、火葬を行います。

本来は2日かけるものを1日で終えるため、その分の会場費などがかかりません。参列者が高齢で2日間のスケジュールが難しい場合にもおすすめです。

ただし、宗教儀礼を重んじる菩提寺であれば、供養を断られてしまうこともなきにしもあらずです。菩提寺を持っている場合は、事前に確認しましょう。

火葬式(直葬)|費用を最低限に抑える

火葬式とは、お通夜・告別式を執り行わず火葬だけで葬送を終える形態です。「直葬」とも呼ばれています。

祭壇・受付係・参列者への当日返し・食事の用意などがいらないため、費用を最小限に抑えられます。火葬のみなので、かかる時間も短いです。

ただし、宗教的な儀式やセレモニーをほとんどはぶいているため、親族から理解を得にくいといったデメリットもあります。菩提寺から供養や納骨を断られる場合もあるので、安易に決めないよう注意が必要です。

内容が簡略すぎるため、あとあと後悔する方も少なくありません。

棺に向かって合掌する女性

ご葬儀の費用が予算よりも高くなる原因

「予算よりもご葬儀にかかる費用が高くなってしまった」といった悩みはよく聞かれます。予算よりも支払い金額が高くなる原因として、以下2点が有力です。

・選んだ葬儀屋が基本料金の高いところだった
・葬儀屋のスタッフにすすめられるまま契約してしまった。

ご葬儀の費用は、基本料金+追加費用で決まります。基本料金は各社で独自に決められるため、ベースが高い葬儀屋を選んでしまった場合、おのずとご葬儀の費用はふくらみます。

また、葬儀屋のスタッフがすすめるままに契約してしまうのも、費用が高くなる原因です。お金をかけたいところ、そこまでではないところの基準を事前に決めておくと、費用が高額にならずにすみます。

ご葬儀費用が高くなってしまう原因がわかったところで、次に費用を抑えるためのポイントについてみていきましょう。

葬儀費用を安く済ませるポイント

ご葬儀費用を安くするためのポイントは、以下の3つです。

・社会保険制度の給付を利用する
・グレードは低めのものを選ぶ
・オプションは控えめにする

なお、上記の3点は、とにかく費用を安く済ませたい場合のポイントです。こだわりたい部分、大切に思うポイントなどがある場合は、しっかりと検討して予算をつけましょう。

社会保険制度の給付を利用する

社会保険制度を利用すれば、葬祭費として給付金が受け取れます。金額は加入していた保険や各自治体によって異なり、北海道旭川市の場合は以下のとおりです。

・健康保険(社会保険)…5万円
・国民健康保険…3万円

また、生活保護者の場合は自治体が葬祭費を支給してくれる葬祭補助制度も利用できます。

また、生活保護受給者の場合、自治体が葬祭費を支給してくれる「葬祭扶助制度」を利用して葬儀を行うことが可能な場合があります。ただし、葬祭補助制度は最低限の葬送を保障する制度です。原則は火葬式のみとなっており、一般的なご葬儀まではカバーしていません。

生活保護の葬祭扶助制度を詳しく知りたい方はコチラ

参照:旭川市の公式ホームページ

グレードは低めのものを選ぶ

ご葬儀に必要な棺・骨壷・祭壇などは、品物によってグレードやランクが決められています。グレードが高ければそれだけ費用が高くなるため、こだわりがなければランクの低いものを選ぶとよいでしょう。食事の費用や当日返しの品物に関しても同様です。

葬儀屋によってはグレードの低いものがあるのを教えてくれないところもあります。相談した際に選択肢の幅が少ないと感じた際には、もう少し安いグレードはないか確認してみてもよいでしょう。

オプションは控えめにする

必ずしも必要ではないオプションは、思い切ってはぶいてしまう方法もあります。例えば、湯灌(ゆかん)・出棺用の花・供花などです。

ご遺体の状態がそれほど悪くなければ、湯灌をする必要がない場合もあります。死化粧をご遺族で施すのもよいでしょう。死装束を着せてもらうのは、専門的な技術が必要ですので、プロにお願いしたほうがよいです。

出棺用のお花や、式場に飾る供花などを最小限にすれば、それだけ費用は抑えられます。

相見積もりをとる

複数社から相見積もりを取るのも、ご葬儀費用を安く済ませる方法の一つです。相見積もりを取れば、ご自身が希望するご葬儀の相場観や、サービスごとの費用を比較できます。

葬儀費用は同じ内容でも葬儀屋によって料金に差が出ます。そのため、安さにこだわるだけでなく、より安く良いサービスを提供する葬儀社探しにも有効です。

ただし、相見積もりをとっての比較検討はある程度の時間が必要です。葬儀屋選びに時間の余裕がある場合に検討してみるとよいでしょう。

ご葬儀の規模を小さくする

ご葬儀へ参列する方の人数を抑えて、葬儀自体を小規模にする方法もあります。ご葬儀の規模を小さくすれば、会場費自体が安く済むケースが多く、食事代なども抑えられます。

オプションを減らしたり食事のグレードを下げたりすれば、さらに費用を抑えることも可能です。

葬儀屋選びを失敗しないための確認事項

ご葬儀費用の安さに焦点を当てすぎてしまうと、葬儀屋選びを失敗してしまう可能性があります。葬儀屋選びを失敗しないためにも、以下の確認事項に留意しましょう。

・確認事項①実際の祭壇・会場・料理の写真があるか
・確認事項②24時間365日対応してくれるか
・確認事項③見積もりは明瞭か

それぞれのポイントを解説します。

確認事項①実際の祭壇・会場・料理の写真があるか

ホームページに祭壇・会場・料理など、複数の写真が掲載されているか確認しましょう。写真が多いと、費用と葬儀内容のバランスが比較しやすいです。

確認事項②24時間365日対応してくれるか

24時間365日対応してくれているかは、最低条件です。ほとんどの葬儀屋は24時間体制ですが、小さな葬儀屋であれば深夜対応していないところもまれにあります。また、事前相談ができるかも確認しておきましょう。

確認事項③見積もりは明瞭か

掲載されている料金に追加費用がかかる場合、それらの詳細が明記されているかも重要なポイントです。また、見積もりを出してもらった際に金額の内訳・追加料金が明記されているかなど、明瞭会計であるかも確認しましょう。

ご葬儀費用に関するQ&A

ご葬儀費用に関するQ&Aをまとめました。葬儀屋やプランを決める際の参考にしていただけると幸いです。

Q.ご葬儀の費用を抑えすぎると安っぽくならないか?
A.費用を抑えても安っぽくならないかは、葬儀屋のプランによって異なります。費用を重視したばかりに貧相なご葬儀になってしまった例も少なくありません。

コープの家族葬ウィズハウスでは、手頃なお値段で満足いただけるようなプランを用意しています。興味のある方は、無料の資料請求で費用の詳細をご覧ください。

無料でパンフレットを取り寄せたい方はコチラ

Q.葬儀屋はいつの段階から探しておくとよい?
A.決められた期間はありません。余裕があるときに少しずつ探しておきましょう。

Q.どうしてもご葬儀費用を払えない場合はどうすればよい?
A.どうしてもご葬儀の費用を支払えない場合は、葬儀ローンを利用する方法があります。葬儀ローンとは、費用を分割払いできる金融サービスです。ご希望の場合は、相談時にスタッフへお申し付けください。

まとめ

北海道旭川市でご葬儀費用を安くするためには、家族葬・一日葬・火葬式(直葬)で執り行うのがおすすめです。その際、ご葬儀内容のグレードやオプションの付加には十分に注意しましょう。

コープの家族葬ウィズハウスでは、家族葬・一日葬・火葬式(直葬)のプランをご用意しております。「予算の範囲内で満足のいくご葬儀を執り行いたい」と考えている方は、無料相談をお試しください。

前へ 一覧 次へ
かんたん1分!お気軽にご連絡下さい。お問い合わせ・資料請求 資料請求はメールで最短30分。葬儀費用割引あり
かんたん1分!お気軽にご連絡下さい。お問い合わせ・資料請求 資料請求はメールで最短30分。葬儀費用割引あり

お葬式についてよくわかる

資料をお届けします

お葬式ガイドブックや各施設の紹介している
パンフレット、具体的な葬儀の流れがわかる資料など
備えておけば安心の資料をお送りいたします。

  • 24時間以内に発送!
    メール送付は最短30分
  • 葬儀社とわからない封筒で
    お届けいたします
  • 資料請求をしていただくと
    葬儀費用が割引になります