メイン写真

HOME > スタッフブログ > 家族葬に必要な日数は?日程の決め方や流れも知っておこう

スタッフブログ

家族葬に必要な日数は?日程の決め方や流れも知っておこう

投稿日:2020年12月21日
喪主・関係者の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。家族葬のウィズハウス スタッフの二唐です。

 

故人が亡くなってから家族葬を行うまでには、どのくらいの日数がかかるものでしょうか。

亡くなってから何日でお葬式をするという決まりはないとはいえ、だいたいのスケジュール感は知っておきたいものですよね。

 

今回は、家族葬に必要となる日数について解説します。

家族葬の日程の決め方や流れ、事前に確認しておくべき点もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

ウィズハウスの家族葬

 

 

家族葬にかかる日数は平均3~5日。遅くなっても大丈夫?

故人が亡くなってから家族葬を行うスケジュールに、特定の決まりはありません。

 

一般的には亡くなった次の日の夜に通夜、その翌日に告別式と火葬を行うケースが多いです。

亡くなった日を1日目とすると、通夜は2日目、告別式・火葬は3日目となります。

亡くなった時間が午後以降であれば、1日ずつ後ろにずれて3日目に通夜を行うこともあります。

さまざまな都合でさらに後ろにずれることも珍しくはありません。

 

家族葬にかかる日数は3~5日程度が一般的でしょう。

最短のスケジュールは3日で、亡くなった次の日に通夜をするケースがあたります。

特別なケースを除いて、亡くなってから24時間以内に火葬をすることは法律で禁止されていますので、これ以上の短縮は考えづらいでしょう。

 

家族葬が遅くなるのはどんなケース?遅くなっても大丈夫?

葬儀を行うのが遅くなるケースではこんな理由が考えられます。

・葬儀場や火葬場が空いていない

・遠方に住む親族の到着を待っている

・急な逝去で心の整理をつけるのに少し時間がかかる

 

例えば年末年始や友引の日は火葬場が休みになることが多いので、その前後の日程は火葬場や葬儀場が混雑する傾向があります。

1日にお葬式を行える件数が決まっていますので、火葬場や葬儀場が空いていなければ空いている日にずらさなくてはいけません。

または場所を変える方法もあります。

葬儀式場に関しては最寄りのウィズハウスに変更することもできますが、火葬場を変更する場合は市外料金がかかる事もあるので葬儀スタッフに相談しましょう。

 

葬儀のスケジュールには決まりがないので、平均の3~5日より遅くなっても問題はありません。

ただし、ご遺体の安置期間が長くなればなるほど、ご遺体の状態が心配になります。

エンバーミングも可能ですので、葬儀スタッフに相談することをおすすめします。

 

自宅での安置では、ドライアイスによる保冷などをしっかり行う必要があります。

葬儀会社の安置場所に安置している場合は、日数に応じて施設使用料がかかりますので、費用についてもきちんと確認をしましょう。

 

 

家族葬の日程を決める方法や確認点

家族葬の日程はまず告別式の日を決めて、その前日が通夜式となります。

日程を決めるときには以下のような点を考慮します。

 

遺族や親族の予定

参列する遺族や親族の予定を確認し、参加できるスケジュールを考えます。

遠方にいる親族の到着を待つために、後ろへずらすということもあるでしょう。

 

葬儀場、火葬場の空き

葬儀場や火葬場が空いていないとお葬式は行えません。

空きがない場合は空いている日にスケジュールをずらすか、空いている葬儀場・火葬場に変更する必要があります。

友引の日や年末年始は火葬場が休みであることが多いです。

 

僧侶の予定

僧侶に読経をお願いする場合は、僧侶のスケジュールも確認が必要です。

お付き合いのあるお寺が遠方で僧侶が来られない場合には、近くにある同じ宗派のお寺を紹介してもらうケースもあります。

 

 

家族葬の流れや事前にしておくべきことも知っておこう

家族葬の事前相談

家族葬の大まかな流れや、葬儀の前に確認しておくべきこともご紹介します。

 

【1】臨終

医者が死亡宣告をして死亡が確定します。

死亡届の提出に必要となる死亡診断書を受け取りましょう。

 

【2】遺体の搬送・安置

葬儀会社に依頼をして、遺体を自宅か葬儀会社の安置室へ搬送します。

自宅への搬送だけを頼むこともできますが、葬儀会社の安置室を使用する場合はその葬儀会社へ葬儀も依頼することになります。

 

【3】葬儀の準備

葬儀会社を決めて葬儀内容を打ち合わせます。

葬儀日程を決めたら、親族や親しい友人など参列をお願いする方へ連絡しましょう。

 

【4】通夜

告別式の前日は通夜となります。

納棺の儀を行い、僧侶に読経をいただきます。

通夜式の終了後は通夜振る舞いという会食を行います。

 

【5】告別式

通夜の翌日午前中から告別式が執り行われます。

読経・焼香などを行い、故人を偲びます。

 

【6】火葬

告別式の後は火葬場へ移動し、火葬となります。

火葬後は骨上げと精進落としを行い、初七日の繰り上げ法要まで行うケースが多いです。

 

家族葬を進める前に、しておくべきことを確認

故人の逝去からお葬式までは、時間がとても忙しく過ぎていきます。

いざというときに慌てることなく故人との最後の時間をゆっくり持てるように、下記の点を事前に確認しておくと良いでしょう。

 

葬儀会社を決めておく

ご紹介したように、葬儀は亡くなって3~5日の間に行われます。

亡くなってから葬儀会社を決めて、葬儀内容を決めて……というのはあまりに忙しく、十分に検討する時間がありません。

できればお元気なうちに、葬儀会社や葬儀内容を検討しておきましょう。

 

亡くなる前に葬儀の準備をするのは「亡くなるのを待ち構えているようだ」と、よく思わない方もいるでしょう。

しかし、故人との限られた最後の時間を有意義に過ごすためにも、事前に考えておくことをおすすめします。

 

近年は、ご本人が自分自身の葬儀について事前に契約を済ませておくケースも多くみられます。

家族葬の事前相談についてはこちらもご参考ください。

 

参列者のリストアップ

家族葬は遺族や親族、ごく親しい友人などに参列してもらう、身内中心の葬儀です。

どこまで声をかけるべきか、誰誰をお呼びするべきかという点は葬儀の準備の中でも頭を悩ませる部分です。

可能であれば故人がまだ元気なうちに、本人の希望を聞きながらリストアップしておきましょう。

 

家族葬で行うことを説明しておく

広く参列者にお越しいただく一般葬とは異なり、家族葬は参列していただく方のみにお声をかける葬儀の形です。

それ以外の方には参列を辞退していただくことになります。

 

近年は家族葬という形が知られてきたといえ「たくさんの人に見送られて旅立つのが良い葬儀だ」という価値観もあるため、家族葬を行う場合は事前にその旨を親族へ説明し、理解を得ておきましょう。

説明せずに家族葬を済ませてしまうと「私も参列したかったのに」などと、トラブルになる可能性があります。

 

現金を準備しておく

故人が亡くなったあとには、医療費や葬儀費用などまとまったお金が必要となります。

突然のことで困ってしまうことのないよう、費用についても準備しておきましょう。

 

故人の預貯金をあてようと考えている場合は、死亡届を出すと故人の金融機関口座が凍結され現金が引き出せなくなります。

暗証番号や銀行印の保管場所を事前に確認しておき、口座が凍結されてしまう前に現金を引き出しておきましょう。

 

 

まとめ

●亡くなってから家族葬を行うまでに必要な日数は、3~5日程度が一般的。

亡くなった6時に通夜、翌々日に告別式・火葬という日程が多く、これが最短日程です。

日程が後ろにずれることは問題ありませんが、ご遺体の状態に関しては葬儀スタッフと相談しましょう。

 

●家族葬の日程を決める時には、遺族や親族の予定、火葬場や葬儀場の空き、僧侶の予定などを考慮して決定します。

年末年始など火葬場の休みが続く時期には、その前後の葬儀が混み合う傾向にあります。

 

●ご臨終からはご遺体の搬送・安置、葬儀の打ち合わせをして通夜、告別式、火葬という流れになります。

亡くなってから3~5日ほどで進むので、遺族はとても忙しいです。

葬儀会社や葬儀内容、参列いただく方々などは事前に考えておくことをおすすめします。

法事の準備を事前に行うのは心苦しいと感じるかもしれませんが、故人との限られた最後の時間を大切に過ごすための準備でもあります。

 

 

二唐 渚

故人様とご家族の最期の時間を大切にいたします。