メイン写真

スタッフブログ

家族葬後の四十九日法要の基礎知識

投稿日:2017年9月25日
家族葬の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image001

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの大崎です。

葬儀が終わって少し落ち着き故人との思い出を振り返る…のもつかの間、その後も初七日、四十九日、一周忌…と法要とその準備が続きます。

 

今回はその中でも四十九日法要についてのお話です。

四十九日法要とは何のために行うのでしょうか?

一般葬と家族葬とで四十九日法要に違いはあるでしょうか?

「家族葬での四十九日法要」についてご紹介します。

 

四十九日法要とは葬儀後初めて行う大きな法要

四十九日法要とは、故人が亡くなった日を1日目として49日目に行う、仏教で重要な意味を持つ法要です。

 

仏教(宗派によって異なる)では、人は死後7日ごとに閻魔大王の裁きを受けると言われています。

そして7回目の49日目に極楽浄土へ行けるかどうかの判定を受け、故人の魂が仏の元に旅立ちます。

 

そこで遺族は故人の安らかな成仏を祈るため、僧侶を招いて法要を行いお経をあげてもらうのです。

また自分たちも悲しみに一区切りをつけて、日常生活に戻っていくための「大切な儀式」でもあります。

 

死後7日目が初七日法要、その後二七日(2回目の7日後=14日後)、三七日(21日後)・・・・七七日(49日後)と毎週続きます(忌日(きび)法要)。

 

このように毎週続くお参りには親族が参加しなければならないのですが、北海道の場合、土地は広く遠方にいる親戚は容易ではないということで、繰り上げ法要というかたちで告別式の日に行なわれるのです。

 

しかし、四十九日迄の繰り上げ法要を行えばその後は法要がいらないというわけではありません。

繰り上げ法要はあくまでも「来られない人のために行う」ものです。

実際は忌日法要も自宅、もしくは埋葬されている寺・墓地で行うほか、改めて四十九日法要も必要です。省略によって親族の方の中には故人を粗末にしていると考える場合もあるので注意が必要です。

 

★★繰り上げを行うかどうかは、ご遺族の環境や宗派などにより決定するとよいのですが、もし家族のみの場合は親族への相談も忘れずに。★★

 

四十九日法要には家族葬と一般葬での違いはありません

四十九日法要への参加は、基本的に親族中心となります。

その参加範囲については一般葬、家族葬の違いはありません。

法要とは元々親族中心で行うものであって、葬儀の形には影響されないのです。

 

葬儀に参加した親族の方へは全員お声がけをすることになりますが、遠方や高齢者の場合は無理をせず、欠席しても構わない旨を一緒に伝えると良いでしょう。

 

参加範囲の例外として、札幌近郊の農家さんなどは近隣住人とのお付き合いも深く、法要にお招きするといった場合もあるようです。

 

法要日程は、49日目ぴったりでなくてもかまいませんが、後ろにずらすのはNGです。

親族が集まる都合から、49日目直前の土日などに行うことが多いです。

仏滅や大安などの六曜は、特に気にする必要はありません。

 

基本的な四十九日法要の流れとは

image002

四十九日法要の流れは以下のようになります。

●僧侶到着、開式

●読経、焼香

●読経終了、法話

●会食(施主挨拶、献杯、会食)

●返礼品お渡し

●閉式

 

※正式には、会食を含まない一連の供養の流れを「法要」と呼び、供養と会食を合わせて「法事」と呼びます。

※本来は会食の場に僧侶も同席していました。現在はほぼなくなりましたが、一応お誘いすることは礼儀とされています。

四十九日法要では、葬儀から使用していた白木位牌から本位牌に魂を移し、新しい仏壇の場合は開眼法要(かいげんほうよう)も行います。

尚、浄土真宗系の場合は、白木位牌から掛け軸に変わります。

四十九日法要と同時に納骨を行う場合もあり、その場合は当日までに納骨堂やお墓の準備も必要です。

 

葬儀で香典を納めていても、四十九日法要はまた別な供養となります。

 

そのため、参列者は改めて香典や供物を用意します。

 

四十九日法要での香典の表書きは「御供物料」か「御仏前」。供物の掛け紙は双銀結び切りの水引となります。

 

この場合の香典は、故人への「お供え物(御供物料)」となり、お返しは香典返しではなく返礼品・引き出物でお返しします。

 

四十九日法要での服装や持ち物のマナーは葬儀に準じます。

最近では遺族でも略式喪服を着用することも増えていますので、その他の親族も略式礼服で参加するのが無難です。

 

まとめ

・仏教では死後7日ごとに故人の供養のためにお経をあげ、7回目の49日目は四十九日法要と言って特に大きな法要となる。

・四十九日法要は故人の供養を願うとともに、遺族が気持ちに一区切りをつけて日常生活に戻っていくための大切な儀式でもある。

・四十九日法要は親族中心に参加をし、一般葬と家族葬での違いは特にない。

大崎 美智

故人様とのお別れの時間を大切にいたします。


ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント

パンフレットでは以下の内容を詳しくご紹介しています。

豊富な資料 豊富な資料