メイン写真

HOME > スタッフブログ > 家族葬と直葬の違い。選択する時のポイントは?

スタッフブログ

家族葬と直葬の違い。選択する時のポイントは?

投稿日:2018年2月5日
家族葬の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの二唐です。

近年は、自分達らしく故人を見送りたいという思いから、様々な葬儀の形が増えています。
その中でも宗教儀礼を伴わない「直葬(ちょくそう)」についてはご存知でしょうか。

今回は家族葬と直葬の違いについて。
それぞれの葬儀の流れや、選ぶ際のポイントについてお話します。

image001_20180201

 

 

ごく親しい人のみで行う家族葬と、宗教儀礼を行わない直葬

「家族葬」と「直葬」それぞれの概要や流れについてご紹介します。

家族葬とは?

遺族や親族、親しい友人など、故人と親しい間柄であった身内だけで執り行う葬儀の形です。
一般葬のように広く告知はせず、知人やご近所の方、会社関係者などには参列を辞退いただきます。

故人の遺志によっては香典や供物などを辞退するケースもあります。

【家族葬の流れ】
・ご臨終、ご遺体のお迎え
・ご遺体の安置
・納棺、通夜
・告別式
・出棺、火葬
・収骨、還骨法要、繰り上げ法要

ごく親しい人達だけでゆっくりと故人を見送り、故人との最期の時間を大切に過ごしたいという想いから近年増えているお葬式の形です。

直葬とは?

直葬とは、宗教儀礼としての葬儀を行わずに火葬のみで故人を見送る方法です。
ご遺体の安置後、通夜や告別式を行わずに納棺から直接出棺・火葬を行います。

火葬前に炉前でささやかなお別れをし、読経を行うこともありますが、火葬後の還骨法要や繰り上げ法要は行いません。

【直葬の流れ】
・ご臨終、ご遺体のお迎え
・ご遺体の安置
・納棺
・出棺、火葬
・収骨

直葬が選ばれる背景には、宗教に対する意識の変化や、高齢化・人間関係の希薄化、経済的な問題などがあげられます。

 

 

家族葬と直葬の違いは、通夜・告別式の有無

家族葬と直葬は、どちらも故人とごく親しい人達のみで行われることがほとんどです。

二つの葬儀の大きな違いは「通夜」「告別式」といった宗教儀礼を行うかどうかという点でしょう。
(宗教家に依頼しない「無宗教葬」の式でも通夜・告別式は行うのが一般的です)

直葬では「通夜」「告別式」や「読経」といった宗教儀礼を行わないため、火葬を行う当日のみで葬儀が終わります。
また、「通夜」や「告別式」を行わないことにより、葬儀にかかる費用の相場も大きく変わります。

一般的な葬儀費用の平均:約195万円
直葬費用の平均:約20万~30万円
(2017年日本消費者協会「葬儀についてのアンケート調査」より)

葬儀費用には葬儀会場や、祭壇、お葬式に使われる葬具などの一式や、参列者をもてなすための飲食代、読経料やお布施など寺院にかかる費用も含まれます。

家族葬では一般参列者がいないため、小さな会場になり会場費が安くなる、飲食代が安くなるといったことが考えられます。
ウィズハウスでご用意している家族葬プランは、葬儀規模により約40万円~100万円程度です。

対して直葬では、通夜、告別式、読経、飲食なども行わないために、家族葬よりもさらに経済的負担が少なくなります。

 

 

家族葬と直葬どちらを選ぶ?決める時のポイントは

image002_20180201

葬儀の形を決めるにはいくつか検討すべきポイントがあります。

・故人の遺志
・葬儀費用や手間
・故人の人付き合いの範囲
・家族や親族の理解など

費用負担の少ない直葬が選ばれる理由は、「葬儀にあまりお金をかけてほしくない」という故人の遺志によるところが大きいです。

故人が直葬を望んでいる場合、例えば故人が高齢で身寄りも少なく、残された遺族が2~3人などごく少数であれば直葬での葬儀でも良いかもしれません。

しかし、故人が「自分の葬儀は直葬でいい」と言っていても、遺族や親族の希望で家族葬にて行うことは良くあることです。

葬儀は故人のためであると同時に、残された人達が故人との別れに一区切りをつけてまた前を向くための儀式でもあります。

故人の希望により直葬を行ったものの、「やっぱりきちんと葬儀の形をとって、ゆっくりお別れをすれば良かった……」と後悔される遺族は少なくありません。

また、直葬を行ったことで「私もお別れがしたかったのに」「お葬式もしないなんて故人がかわいそう」などと、遺族が非難される可能性もあります。

葬儀は遺族だけではなく、遺族や故人と関係があった人達それぞれのお別れの場でもあります。
葬儀の形を選ぶ際には、家族や親族とよく相談することが必要です。
それぞれが納得でき、悔いの残らない葬儀を選択できると良いでしょう。

 

 

まとめ

・家族葬は遺族や親族など故人とごく親しい人達のみで行う葬儀、直葬は通夜、告別式などの宗教儀礼を行わず火葬のみで見送る葬儀の形です。

・直葬では通夜、告別式がないため、ご遺体安置・納棺後、直接火葬場へ移動して火葬を行います。火葬前に読経を行うこともありますが、還骨法要や繰り上げ法要は行いません。

・故人の遺志や経済的な問題もありますが、見送る遺族の「故人とのお別れの時間をどのようなものにしたいか」という観点から、葬儀の形を決めると良いでしょう。後悔しない葬儀の形を選択したいものです。

 

二唐 渚

故人様とご家族の最期の時間を大切にいたします。