葬儀の知識喪主・関係者の知識家族葬の知識

投稿日:2023年9月13日

更新日:2023年9月13日

旭川市で自宅葬は執り行える?自宅葬ができる葬儀社の探し方や費用相場を解説

「旭川市で自宅葬を執り行いたいけれど、対応している葬儀社はある?」

「自宅葬の費用やメリット・デメリットについて知りたい」

 

このような悩みをお持ちではありませんか。本記事では、旭川市で自宅葬を検討している方に向けて、以下の内容を解説します。

  • ・自宅葬の概要
  • ・自宅葬の費用相場
  • ・旭川市で自宅葬対応の葬儀社を探す方法
  • ・自宅葬のメリット・デメリット
  • ・自宅葬の流れ

自宅葬は、費用を抑えつつ故人様とゆっくりお別れができるおすすめのご葬儀形態です。しかし、デメリットも存在します。自宅葬を執り行った後に後悔がないよう、デメリットを理解したうえで葬儀形態を決めましょう。

棺に花を手向ける女性の画像

自宅葬とは

自宅葬とは、その名のとおり、ご自宅で執り行う葬儀のことです。現在は葬儀社が保有している式場で葬儀を執り行うのが当たり前ですが、一昔前は自宅葬の形式が主流でした。

 

ご自宅へ入るだけの人数でしか行わないため、基本的には家族や親しい親族などの数名程度しか参列しません。

自宅葬と家族葬の違い

自宅葬と家族葬の大きな違いは葬儀会場です。自宅葬は故人または家族の自宅で行い、家族葬は式場で執り行います。その他の違いは以下のとおりです。

 

自宅葬と家族葬の違い
自宅葬家族葬
葬儀会場故人または家族の自宅式場
参列者家族や親しい親族などの

少人数

家族や親しい親族などの

少人数

ご遺体の安置場所故人または家族の自宅故人または家族の自宅
または
葬儀社などが用意する安置所

 

葬儀の内容自体はほとんど変わりありません。

 

自宅葬のメリット

自宅葬には、以下のメリットがあります。

  • ・慣れ親しんだ家で葬儀が執り行える
  • ・参列者の負担が少ない
  • ・場所代が発生しないので費用が抑えられる

自宅葬は、故人が慣れ親しんだ自宅で執り行えます。火葬までのあいだに、いつも使っていたお茶碗でお水をあげたり、大切にしていた品物をそばに置いたりと自由度が高い点が大きなメリットです。

 

参列者に、小さなお子さんや移動が困難な高齢者などがいる場合、自宅葬にすると移動距離が少なくてすみます。

 

費用面では、葬儀会場が自宅ですので、場所代が発生しません。その分の費用負担が軽くなるため「手厚い葬儀を執り行いたいけれど、費用面が心配」という方におすすめです。

自宅葬のデメリット

自宅葬には以下のデメリットも存在します。

  • ・参列者が限られてしまう
  • ・近隣住民に逝去を知られてしまう

 

自宅葬では、ご自宅の広さによって参列する人数に限りが出てしまいます。もともと小規模な葬儀ですので、広く呼ぶ必要はありませんが、「葬儀に参列できなかった」と不満を持ってしまう親族や友人・知人が現れる可能性も否定できません。

 

また、弔問客の出入り・棺の出入り・霊柩車の停車などで近隣住民に逝去が周知されてしまいます。知られて問題ないのであればよいですが、内々でひっそりと済ませたいと考えている方にとっては不向きなご葬儀形態です。

 

自宅葬の費用相場

見積書と電卓の画像

北海道における自宅葬の費用相場は20万円〜50万円ほどです。参列者の人数が多い場合や、お葬式へのこだわりが強い場合は、50万円以上かかるケースもありますが、基本的には地域に関係なく相場の範囲内におさまります。旭川市も例外ではありません。

 

相場よりも安く済ませるためには、「参列人数を必要最低限にとどめる」「内容をシンプルにする」といった方法がありますが、その場合、実際に執り行ったご葬儀が、打ち合わせの際に想像したものよりもみすぼらしくなってしまい、あとから後悔するといった事例もみられます。

 

高額な費用を払えば満足のいく葬儀を行うことができるとは限りませんが、のちのち後悔しないよう、こだわるべきところには費用を出した方がよい場合もあることを覚えておくとよいでしょう。

 

その分、節約したいところはグレードを下げるなどメリハリをつけ、後悔のないご葬儀を執り行えるようにするのがおすすめです。

旭川市で自宅葬に対応している葬儀社はある

旭川市で葬儀事業を行っている会社のホームページのほとんどには自宅葬の記載がありません。そのため、自宅葬に対応していないのではと不安になる方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、電話で直接問い合わせて対応可能か確認してみるのがおすすめです。

近年は家族葬など小規模葬儀の人気が高く、同じ小規模葬である自宅葬を希望する方も増えてきています。旭川市だけでなく、全国的に自宅葬を選択する人が増加している傾向です。それに伴って、自宅葬に対応できる葬儀社が少しずつ増えてきています。

コープの家族葬ウィズハウスでも自宅葬のプラン(346,500円〜)をご用意しており、コープさっぽろの組合員さんや、入会費・年会費・積立不要のメンバーズクラブに加入していただいた方は、341,000円で同じ内容が利用できます。詳しくは以下のページで解説していますので、気になる方はぜひ覗いてみてください。

コープの家族葬ウィズハウスの自宅葬プランの費用について知りたい方はコチラ

自宅葬の費用が安くなるメンバーズクラブについて知りたい方はコチラ

自宅葬の流れ

自宅葬の一般的な流れは、以下のとおりです。(ウィズハウスの自宅葬プランでお通夜・告別式を行うのは、462,000円以上のプランとなります)

  1. 1.ご遺体の安置
    ご自宅以外で逝去された場合は、ご遺体のある施設までウィズハウスがお迎えにあがります。自宅葬はご自宅に遺体を安置する場合がほとんどです。ご遺体を安置したあとは、宗教者様に枕経をしていただきます。
  2. 2.納棺
    死装束へのお着替えをさせていただき、棺にお納めします。死装束・棺などはプランに含まれています。
  3. 3.お通夜
    故人様を偲んでお通夜を行います。
  4. 4.夕食
    別途費用はかかりますが、お通夜後の夕食をウィズハウスでご用意することが可能です。
  5. 5.告別式
    自宅にて告別式を執り行います。告別式に必要な蝋燭・お線香・木魚などの宗教用具がない場合は、ウィズハウスが用意するため心配はいりません。なお、宗教用具もプランに含まれています。
    ※宗教用具のレンタルはスタンダードプランからの提供です。
  6. 6.火葬
    火葬場へ移動し、ご遺体を荼毘に付します。
  7. 7.繰り上げ法要
    初七日法要や四十九日法要を繰り上げて執り行う場合も、ウィズハウスで対応可能です。
    ※繰上げ法要のサポートはスタンダードプランからとなっています。

葬儀の内容自体は家族葬と変わりありませんが、自宅に祭壇を用意するためのスペース確保など、自宅葬だからこその用意が必要です。

旭川市で自宅葬を希望する方はウィズハウスにおまかせください

近年、小規模葬儀が人気となっている影響で、自宅葬が注目を集めています。「故人が慣れ親しんだ自宅でゆっくりお別れができる」「家族や親族などの少人数で執り行える」という点が大きなメリットです。

葬儀場が自宅ですので、式場代が発生しない分、費用が抑えられます。

コープの家族葬ウィズハウスでも、さまざまな自宅葬プランを用意しています。プラン費用について詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。

コープの家族葬ウィズハウスの自宅葬プランについて詳しくみてみる

北海道旭川市には、末広・神楽・東光にウィズハウスの葬儀場がございます。各式場の特色を知りたい方は、以下の表から各式場のページへ移動が可能です。掲載している電話番号から、直接自宅葬についてお問い合わせいただいても問題はありません。

 

店舗住所電話番号
ウィズハウス末広旭川市末広2条3丁目3-150166-76-4811
ウィズハウス東光旭川市東光3条7丁目1-180166-73-6621
ウィズハウス神楽旭川市神楽4条4丁目2-120166-76-6525

 

旭川市で自宅葬を検討されている方、自宅葬について詳しく知りたい方は、いつでもお気軽にご連絡ください。家族葬や一般葬に関する問い合わせも承ります。

110

この記事を書いた人

二唐 渚

故人様とご家族の最期の時間を大切にいたします。

故人様とご家族の最期の時間を大切にいたします。

前へ 一覧 次へ
かんたん1分!お気軽にご連絡下さい。お問い合わせ・資料請求 資料請求はメールで最短30分。葬儀費用割引あり
かんたん1分!お気軽にご連絡下さい。お問い合わせ・資料請求 資料請求はメールで最短30分。葬儀費用割引あり

お葬式についてよくわかる

資料をお届けします

お葬式ガイドブックや各施設の紹介している
パンフレット、具体的な葬儀の流れがわかる資料など
備えておけば安心の資料をお送りいたします。

  • 24時間以内に発送!
    メール送付は最短30分
  • 葬儀社とわからない封筒で
    お届けいたします
  • 資料請求をしていただくと
    葬儀費用が割引になります