メイン写真

札幌の福祉葬プラン

自己負担無し

自治体からの扶助による
シンプルなお見送り

福祉葬プラン

『福祉葬』とは、生活保護など生活に困窮している場合に、
自治体が葬儀費用を扶助する「葬祭扶助制度」を利用して執り行われる葬儀のことです。

※「葬祭扶助制度」とは?

葬祭扶助制度」とは、生活保護受給者など経済的に困窮している人に対して、自治体が最低限の葬祭費用を支給する制度のことです。生活保護法第十八条に定められています。

葬祭扶助の対象範囲は葬儀代(火葬式・直葬)、ご遺体の運搬や火葬にかかる費用、死亡診断書などの費用です。

福祉葬プラン料金

福祉葬プランの流れ

前日[自宅で執り行います]

1.お迎え

寝台車・搬送車

担当者が施設にお迎えにあがります。
お迎え後、指定場所にご安置に搬送させて頂きます。

2.ご安置

遺体安置料 / 枕飾り一式 / 保冷剤

指定の場所に故人様をご安置させて頂きます。斎場に直接安置希望される方はご相談ください。

3.湯灌

仏衣 / お棺・内装小物

湯灌や納棺をさせて頂きます。故人様の旅支度を整えます。※湯灌は別料金です。

当日

1.お迎え

寝台車・搬送車

担当者が施設にお迎えにあがります。
お迎え後、指定場所にご安置に搬送させて頂きます。

2.火葬

骨壷収骨用具 / 寝台車・搬送車

火葬後、収骨まで火葬場の待合室でお待ちいただきます。待機の間に昼食をとります。

アフターサポート専門スタッフがご葬儀後の諸手続き代行やご相談を無料で対応致します。

札幌の福祉葬プラン