メイン写真

スタッフブログ

家族葬の場所に迷っている方へ!失敗のない選び方とは

投稿日:2019年2月7日
スタッフのつぶやき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの大崎です。

 

近年の葬儀の形は様々で、葬儀会場もたくさんの選択肢があります。

 

今回は家族葬を行う場所についてのお話です。

家族葬はどんな場所で行えるのか、それぞれのメリット・デメリット、場所を選ぶ際のコツや決め方についてもご紹介します。

白を基調としたお葬式会場

 

家族葬を行う主な場所、特徴やメリットデメリットをご紹介!

近年増えている家族葬とは、遺族や親族など故人と親しかった方々を中心に行う葬儀の形です。

決まったルールや形式があるわけでありません。

遺族のみの数名で行うのも家族葬、たくさんの親族と友人に囲まれて50人の大規模になっても家族葬です。

 

決まった形式があるわけではないので、葬儀会場も故人や遺族の想いや葬儀の形に合わせて選ぶことができます。

家族葬は次のような場所で行うことが多いです。

 

葬儀会社の専門葬儀場

葬儀会社が持っている葬儀専門の会場。

葬儀のために建てられた施設なので、遺体の安置場所や僧侶の休憩室、会食場所など葬儀に必要な設備や機能が充実していて便利です。

 

利用の際は、会場を所有する葬儀会社へ依頼する必要があります。

会場の大きさによっては施設使用料などが高額になる場合や、少人数での葬儀に対しては施設が広すぎる場合がありますので、事前または依頼時の確認が必要です。

 

私たちウィズハウスも葬儀会社の専門葬儀場で、会場は全て貸切型の邸宅スタイルです。

ご希望の規模やご予算に合わせて複数のプランからお選びいただけます。

少人数での葬儀の方には、コンパクトでリーズナブルなプランもご用意していますよ。

 

寺院や教会などの宗教施設

お寺や教会でも葬儀を行うことができます。

宗教儀礼を大切にしたい方にとっては厳粛な葬儀を行うことができますね。

特にキリスト教は教会で葬儀を行うことが多いです。

 

近年は葬儀用の会場を併設している宗教施設もありますが、施設によっては控室や安置場所がないなど、葬儀を行うには不便な場合もあります。

 

自宅

故人の自宅での葬儀は、故人との思い出に包まれた温かい葬儀にすることができます。

ご遺体が病院から自宅へ搬送された場合は、その後葬儀会場へ移動する必要がないため移動の負担ありません。

 

自宅で家族葬を行う場合、家の中を片づけたり僧侶や会葬者をもてなしたりと、家族の負担が大きくなる可能性はあります。

また、家の大きさや間取りによっては棺が入らない、車を停めるスペースがないなど物理的な問題がでる場合もあります。

 

喪服の人が出入りするので、近所の方にも葬儀を行っていることを知られてしまいます。

地域の人には知られずに遺族のみで家族葬を行いたい場合には不向きです。

 

地域の集会所や公民館

昔は自宅近くの町内会館を使用することは一般的でしたが、近年では使用する方がほとんどいなくなりました。

地域の集会所や公民館は使用料が安価ですが、葬儀のための施設ではないので構造的に使いにくいところも多く、さらに空調の問題や駐車場の有無、交通の利便性などの点で不便さを感じる場合が多いです。

近年の「近所に知られたくない」という葬儀スタイルも理由の一つかもしれません。

 

自治体で運営している比較的大きな公民館では、突然決まる葬儀に対応できず、葬儀での使用を行わない施設も増えています。

 

公営、民間の葬儀場

本州では火葬場に付随している葬儀専用ホールはよく目にしますが、北海道では公営の葬儀専用施設はありません。

 

家族葬の場所選びはどうすべき?

家族葬を行う場所はたくさんの選択肢があります。選ぶ際のポイントをご紹介します。

故人の遺志

「自宅で見送ってほしい」「お寺で葬儀をしてほしい」など故人が遺志を遺している場合があります。

故人の遺志はできる範囲で叶えたいものですね。

特定の宗教を信仰している場合も、その宗教での葬儀が行える場所を選ぶようにしましょう。

 

参列者の人数

参列者の人数によっては会場に制限が出てしまう場合があります。

例えば数十人規模の葬儀になりそうな場合、残念ながら自宅で行うのは難しいと言えます。

逆に数人など少ない人数で行う葬儀の場合、あまり広すぎる会場も適していません。

 

アクセスのしやすさ

葬儀場までの交通機関や駐車場の広さなど、葬儀場までのアクセスが容易な会場を選べると良いです。

わかりにくい場所にある会場だと案内が大変になってしまいます。

なるべく自宅から近い会場、多少遠くても公共交通機関から歩く距離が少ない会場、車でも来やすい会場を選ぶと良いでしょう。

 

予算にあった場所

先立つものは費用です。

葬儀会社と打ち合わせを行い、予算に合ったプランや会場を選ぶようにしましょう。

費用をかけないからといって良い葬儀にならないとは限りませんよ。

 

貸切型の一軒家で一日一組のお葬式もおすすめ

一軒家での家族葬をご案内する女性スタッフ

ウィズハウスでは一日一組貸切型の一軒家での家族葬をご案内しています。

 

葬儀に必要な設備や施設を全て整えながら、まるで自宅のようにゆっくりくつろぐことができる邸宅型葬儀場です。

通夜、会食後はそのまま宿泊することができるので、移動の負担もありません。

翌日の告別式もそのまま行うことができるので、移動時間を省いた分故人との時間を増やすことができますね。

 

ウィズハウス本館プランは会員価格で75万円~、よりコンパクトなウィズハウス別邸のプランなら会員価格で35万円~ご用意しています。

 

あらゆる宗教・宗派のセレモニーに対応するのはもちろん、音楽葬や花葬などご希望の形の葬儀も可能です。

 

故人と過ごす最後の時間をできるだけゆっくりと心穏やかに過ごしていただきたいという、ウィズハウスの願いがそこにあります。

 

まとめ

・家族葬を行う場所の選択肢はたくさんあります。葬儀社の専門葬儀場、公営・民間葬儀場、寺や教会などの宗教施設、自宅、地域の公民館など、それぞれのメリットやデメリットを踏まえて選択しましょう。

・家族葬の場所を決めるには故人の遺志や葬儀規模、会場までのアクセスや費用などから考えると良いでしょう。後悔しないためにも葬儀会社としっかり打ち合わせすることが大切です。

ウィズハウスでは一日一組貸切の一軒家での家族葬をご提案しています。通夜から出棺までを同施設で行い、通夜後にご家族が宿泊することも可能です。故人との最期の時間をできるだけゆっくりと心穏やかに過ごしていただきたいというウィズハウスの願いが込められています。

 

 

大崎 美智

故人様とのお別れの時間を大切にいたします。


ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント

パンフレットでは以下の内容を詳しくご紹介しています。

豊富な資料 豊富な資料