メイン写真

スタッフブログ

仏壇の引っ越し方法や作法、注意点は?買い替えの検討も!

投稿日:2019年1月23日
スタッフのつぶやき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの二唐です。

 

仏壇は家の中で置く場所が決まっていることがほとんど。

引っ越しの際に初めて仏壇を動かす、という人も多いのではないでしょうか。

 

今回は仏壇の引っ越しにおける作法や注意点をご紹介します。

引っ越しを機に仏壇の買い替えも検討してみましょう。

花が供えられた仏壇

 

引っ越しの際に仏壇はどうする?流れや準備を知ろう

仏壇の引っ越しには作法があります。

タンスなどの大型家具と同じように運び出してはいけませんよ!

 

仏壇の引っ越しの事前準備から引っ越し完了までの流れと、気を付けるべき作法についてもご紹介します。

 

1.閉眼供養を行う

仏壇を新たな家に移す時には僧侶に閉眼供養していただいて、手を合わせる参拝対象から「モノ」の状態にする必要があります。

引っ越しの1ヵ月前くらいを目処にお寺へ依頼をし、引っ越しの1週間前から前日くらいまでに自宅へ来ていただきましょう。

閉眼供養は魂抜き、お性根抜き、御霊抜きとも言います。

 

2.仏具を取り出し梱包する

仏壇に並ぶ仏具は、別に梱包して運びます。

仏具を取り出す前に全体の写真を撮っておくと、新居で仏具を並べ直す時に便利です。

ご本尊、位牌、遺影はダンボールなどに梱包せず、白い布で包んで別に運びましょう。

 

3.仏壇を運ぶ

引っ越し当日は全ての家財道具を運び出した後、最後に仏壇を家から運び出し、新居へは最初に運び入れます。

仏壇の移動は、仏壇店や仏壇の扱いに慣れた引っ越し業者に依頼するのが安心です。

 

4.仏具を戻す

仏壇を設置したら仏具を元の位置に並べます。

梱包前に撮影した写真を見ながら並べると簡単です。

 

5.開眼供養を行う

再度僧侶に来てもらい、開眼供養を行います。

開眼供養によって仏壇に魂が入り、「モノ」から参拝対象となります。

開眼供養は魂入れ、お性根入れ、御霊入れとも言います。

閉眼供養とセットで考えるため、打ち合わせしておきましょう。

 

仏壇の引っ越しで注意点やマナーは?

仏壇は大きなものが多いので、引っ越しの際には注意が必要です。

また、ただの家具ではないので移動の際にも作法やマナーがあります。

 

仏壇のサイズと新居の置き場サイズをチェック

事前に仏壇のサイズと新居での置き場所のサイズを計り、問題なく置けるかチェックしておきましょう。

運び入れる際の廊下やドア、エレベーターの間口を通れるかの確認も忘れずに。

 

仏壇は縦のまま積み込む

トラックなどに仏壇を積み込む際は横に倒してはいけません。

縦のまま積み込み、倒れないように注意して運びます。

高さがあり、どうしても縦のまま積み込むのが難しい場合は、仰向けになるように積んで仏壇の上に物を載せてはいけません。

 

ご本尊、位牌、遺影は自分の手で運ぶ

仏具は段ボールなどに梱包しても問題ありませんが、「ご本尊、位牌、遺影」は万が一の派損を防ぐためにも直接自分の手で運ぶようにしましょう。

 

閉眼供養、開眼供養ではお布施をお渡しする

閉眼供養、開眼供養で僧侶に来ていただいた時は、御布施と必要な場合は車代をお渡ししましょう。

 

浄土真宗では仏壇に魂を入れるという考え方はありませんが、同様に「入仏法要(にゅうぶつほうよう)」・「遷仏法要(せんぶつほうよう)」という供養を行う必要があります。

その他の宗派についても同様に閉眼供養・開眼供養が必要です。

 

引っ越しで仏壇の買い換えを検討!

仏壇の専門店

「古くなって傷んでいるから新しくしたい」

「大きな仏壇が引っ越し先には置くところがなく、小さなサイズの仏壇にしたい」

「仏間がないのでリビングにも置けるデザインの仏壇が欲しい」

引っ越しや新築をきっかけに、仏壇の買い替えを検討される方は意外と多いです。

 

ウィズハウスグループの仏壇仏具専門店「供養ギャラリー リ・ノイ」では様々な仏壇、仏具をご用意しています。

現代のライフスタイルや住宅事情に合ったモダン仏壇が人気です。

 

仏壇の買い替え時にも古い仏壇の閉眼供養、新しい仏壇の開眼供養が必要となります。

仏壇の買い替えポイントや注意点、古い仏壇の処分方法などについては、こちらでも詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。
仏壇の買い替えで必要な供養やポイントをご紹介

 

まとめ

・仏壇の引っ越しの際には「閉眼供養」が必要です。事前にお寺へ依頼をし、引っ越しの前日までに行っておきましょう。引っ越し当日は最後に仏壇を運び出し、新居ヘは最初に運び入れます。仏壇を設置後は「開眼供養」も必要です。

・仏壇を運ぶときはできるだけ横にせず縦のまま運びます。どうしても無理な場合は仰向けで積み込み、上に物を載せないようにしましょう。閉眼供養、開眼供養に来ていただいた僧侶のお布施の用意も忘れないようにしましょう。

・引っ越しを機会に新居にあったサイズ、デザインの仏壇への買い替えを検討される方も多いです。ウィズハウスグループの仏壇仏具専門店「供養ギャラリー リ・ノイ」でも様々なタイプの仏壇をご用意しています。

 

 

二唐 渚

故人様とご家族の最期の時間を大切にいたします。


ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント

パンフレットでは以下の内容を詳しくご紹介しています。

豊富な資料 豊富な資料