メイン写真

スタッフブログ

それぞれの供養のカタチ

投稿日:2017年1月20日
スタッフのつぶやき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ウィズハウスの塩谷です。

皆様のご自宅には『仏壇』はありますか?
私の実家にはありません…
ただ、祖父母の家にはあります。

仏壇といえば…ご身内様に不幸があったら購入するもののイメージが強いと思いますが、厳密には仏様(御本尊)を祀る場所というのが本質的な意味です。
ご本尊を祀るためのお仏壇に人は亡くなれば仏「ほとけ」になるという仏教の考え方から、ご本尊と一緒に先祖代々の位牌と、亡くなった方の位牌を祀っているのです。

今は、本尊を祀ることや仏教徒としての勤めといった宗教的な価値を強く感じて購入する人よりも、亡くなった先祖や家族の位牌を設置したり、手を合わせる対象として購入される方が増えている傾向があります。
最近では昔ながらのいかにも仏壇の他、家具のようなデザインの「現代仏壇」や、写真を飾る場所を設ける「メモリアルコーナー」などを希望する人も増えています。(無宗教式も増えていますからね…!)
こちらは、亡くなった人に手を合わせることで死を受け入れていく、心の整理に繋がる役割も果たしております。

弊社では、仏壇店『供養ギャラリー リ・ノイ』が恵庭市と札幌市東区にございます。

リノイ店舗画像

昔ながらの仏壇はもちろん、パーソナル仏壇という現代風の小さな仏壇もご用意しております。

大切な方とずっと一緒にいる方法…
昔ながらのやり方も大切なことではございますが、どんな形で供養していきたいか…供養されたいか…皆様それぞれに思いがあると思います。

そんな思いを形にできるのがリ・ノイではないかと私は思います。

まだまだ先のことかもしれませんが、ご先祖様のためにも一度ご来店してみてください♪

恵庭市はウィズハウス恵庭のお隣、東区はウィズハウス北12の近くにありますよ〜〜!

お読みいただきありがとうございました!

ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント

パンフレットでは以下の内容を詳しくご紹介しています。

豊富な資料 豊富な資料