メイン写真

スタッフブログ

仏衣??

投稿日:2014年11月5日
スタッフのつぶやき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、本日のスタッフブログはウィズハウス北12の平川が書いていきます。
今日の内容はタイトル通り仏衣についてですが・・・
仏衣といいますと皆様が想像するのは白装束だと思います。
勿論私もそのイメージです。
ただ何故その仏衣を着て、棺には色々な道具を入れていくのだろう?と思い
勉強してみました。
まず仏衣とは、経帷子(きょうかたびら)とも呼ばれ、これは僧侶や巡礼者を模したもので
浄土に旅立つ、旅姿をとっているものです。
旅・・・一緒に入れる物を考えてみると・・・
編み笠は雨が降っても大丈夫なように、草履や足袋は歩くために、杖は杖をつきながら歩けるように・・・
湯灌、納棺で行われていることは亡くなった方への旅支度(宗派によっては必要ないとされていますが・・・)だったんです。
ですが、最近のご葬儀では、ただの白装束ではなく、色々な物があります。
例えば、ピンクや青、紫っといったような明るい色の羽織ですとか
洋装の綺麗なドレスまであったりします。
後は生前愛用されていたスーツですとか、御着物を用意する方もいます。
時代が進んでいくと、浄土の世界にはお洒落な方が沢山増えていきそうですね!
これからのご葬儀の形はどんどん、故人、ご家族の方々の望むような形になっていって欲しいです。
というよりは、そうなっていかなくてはいけないような気がします。
やはりその方それぞれ、趣味、必要なものは違いますよね。
私達、家族葬のウィズハウスは札幌、恵庭、北広島で「家族葬」を行っていますが
家族「のみ」で葬儀を行う会場ではなくて、家族の「ために」葬儀を創る会場だと
私自身は思い込んでいます。まだまだ新入社員でわからないことばかりですが
小さなことからどんどん、家族葬の形を増やせて行けたらいいなと考えています。
途中からタイトルの仏衣から外れてしまいましたが、本日はここまでとさせて頂きます。
最後までご高覧頂きまして有難うございました。

ウィズハウス北12 平川

ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント ウィズハウスのお役に立てるカタログセット 無料プレゼント

パンフレットでは以下の内容を詳しくご紹介しています。

豊富な資料 豊富な資料